体の根本から活性化する酵素ダイエット

自分で酵素ドリンクは作れる?

もともと酵素というのは、私たちの体内に存在するものですし、その上、普段の食事でも生の野菜や果物などの食品から摂取できるものです。体の新陳代謝や腸内細胞を活性化させて、体の機能を向上させることができる酵素ですが、わざわざサプリメントなど市場に出回っているものを使わないで自分で作ることができないものでしょうか。

 

酵素ドリンクの作り方、サプリメントができるまで、などの解説を読んでみると、数十種類の新鮮な材料を使用して、丁寧に発酵させて作られていることが見て取れます。それなら自分でも発酵食品を作ればその代用になるのでは、と思いませんか。

 

普段から健康によいと言われる発酵食品、ぬか漬け、味噌やヨーグルト、納豆やキムチも自分でつくる事が可能ですが、食品にとどまらず、自分で飲みやすいサプリメントを作ることが出来たら素敵ですね。

 

野菜ジュースやフルーツジュースなど生ジュースで酵素を摂取することもよいことですが、それに一段階、発酵というプロセスを加えるだけです。てんさい糖という繊維の多い砂糖を使い、瓶に細かく切った果物をいれて蓋をして発酵させるだけで酵素ドリンク原液が1週間後にできます。それを裏ごしして酵素ドリンクのできあがりです。その後、毎朝手づくりジュースなどに混ぜて飲みます。完成後は要冷蔵がポイントです。酵素ダイエットに一工夫、ぜひお試しください。